• お子さまの歯を守りたい│小児歯科│

荒川区南千住 ロイヤルデンタルクリニック ホーム > お悩み別メニュー > お子さまの歯を守りたい│小児歯科│

child dentistry

小児歯科とは

小児歯科とは

乳歯は永久歯よりも軟らかく、歯の溝が複雑で深いため、虫歯になりやすいという特徴があります。また、虫歯になると永久歯よりも早く進行してしまいます。
ここで大切なのは、すぐに治療を受けることです。乳歯には、永久歯を正しい位置に生やすために誘導する役割があります。そのため、「いずれ永久歯に生え変わるから」と放置し、乳歯を失うようなことになると、永久歯に悪影響を及ぼし、歯並びや噛み合わせの悪さの原因となってしまいます。

口の健康を守って生涯自分の歯で過ごすためには、乳歯の段階からしっかりと口の病気を予防することが大切です。お子さまの虫歯治療はもちろん、シーラントやフッ素塗布による虫歯予防、歯磨き指導、定期検診などを行ない、お子さまの健康を守るためのお手伝いをさせていただきます。
また、お子さまが歯科医院嫌いになって今後の治療や定期検診に支障が出ないよう、スタッフ一同、お子さまとのコミュニケーションを図り、やさしく丁寧に接することを心がけています。
お子さまの口の状態を見て気になることがありましたら、早い段階でお子さまをお連れください。

□フッ素塗布

フッ素塗布

軟らかい乳歯や生えたての永久歯は軟らかく、細菌がつくり出す酸に弱いため、虫歯になると永久歯よりも早く進行してしまいます。
虫歯を防ぐために効果的な治療法が『フッ素塗布』です。歯の表面にフッ素を塗ることで歯質を強く丈夫にします。また、虫歯菌の活動を抑えて酸への抵抗力を強め、歯の再石灰化(溶けた歯を修復する作用)を促すことができます。
一回だけでなく繰り返し塗るとより効果的なので、歯科医院で定期的に行ないましょう。

□シーラント

シーラント

生えたての永久歯の奥歯は溝が複雑で深いため、食べかすが溜まりやすくなっています。しかも、溝の奥まで歯ブラシが届くように磨くことが難しいため、非常に虫歯になりやすい状態になっています。
虫歯を防ぐために効果的な治療法が『シーラント』です。奥歯の溝を樹脂でふさぎ、噛む面のでこぼこをなくして汚れが溜まりにくくすることで、虫歯を予防します。
時間が経つとはがれてきてしまい、そこが虫歯の原因になってしまうこともあるので、歯科医院で定期的に確認してもらい、状態に応じて新たにシーラントを行ないましょう。

menu

お悩み別メニュー

  • 歯が痛む、歯がしみる│一般歯科│
  • 歯ぐきから血がでる、歯がぐらぐらする   │歯周病│
  • 歯が抜けてしまった│インプラント│
  • 健康な歯を保ちたい│予防歯科│
  • 歯を白くしたい、歯ぐきをきれいにしたい│審美歯科・ホワイトニング│
  • 歯並びが気になる│小児歯科│
  • 歯が痛む、歯がしみる│矯正歯科│
  • 親知らずの抜歯をしたい、顎が痛む│親知らず外来・口腔外科│