• 歯並びが気になる│矯正歯科│

orthodontics

矯正歯科とは

矯正歯科とは

出っ歯、受け口、八重歯、すきっ歯など、歯並びの悪さに悩み、矯正治療を検討されている方の多くは、見た目の改善を求めていらっしゃいます。もちろんそれも大切ですが、歯並びの悪さは、虫歯や歯周病、頭痛や肩こりなど、全身にさまざまな悪影響を及ぼすため、その観点から治療を検討することも大切です。
『矯正歯科』では、矯正装置を使用して歯並びを改善し、見た目はもちろん、噛み合わせを良くする治療を行ないます。
装置にはさまざまな種類があるので、患者さまのご要望をしっかりとお聞きし、症状や生活習慣などを含めてその方に適した装置の使用を検討し、ご提案しています。

矯正治療の種類

□成人矯正

成人矯正

矯正治療というとお子さまが行なう治療と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、矯正治療に年齢制限はありません。『成人矯正』は大人の方が行なう矯正治療です。治療を受けることで、見た目だけではなく頭痛や肩こりなども改善できるため、快適な日常生活を送ることができます。
装置にはさまざまな種類があり、歯の裏側にブラケットをつける『裏側矯正』や、透明のマウスピースをつける『マウスピース矯正』など、目立たない装置もご用意できます。装置が目立つことを気にされて治療をためらわれていた方もご安心ください。
矯正治療をご検討されている方は、ぜひご相談ください。

□小児矯正

小児矯正

『小児矯正』はお子さまが行なう矯正治療です。成長期にあるお子さまは顎の骨も成長するため、歪みのない骨格を形成できたり、永久歯を正しい位置に生えそろうよう誘導できるなど、歯を動かすだけの成人矯正に比べ、より理想的な歯並びや噛み合わせを実現できます。
整った歯並びになれば、歯磨きしやすくなるため虫歯予防になります。また、成長段階での顔の歪みや発音の障害も防ぐことができます。
お子さまの歯並びが気になるという方は、永久歯が生えそろう前の早い段階でお子さまをお連れください。

矯正装置の種類

□ブラケット矯正

ブラケット矯正

歯の表側に金属製のブラケットをつけ、そこにワイヤーを通す治療法です。装置が目立ちますが、細かい調整が利いてしっかりと固定できるので、ほとんどの症例に適応します。また、治療期間が短く治療費も抑えられます。
装置が目立ちにくい透明や白のブラケットやワイヤーもご用意できます。

□裏側矯正

裏側矯正

ブラケットとワイヤーを歯の裏側につける治療法です。表側からは、矯正装置をつけていることがわからないので、矯正治療ちゅうであることを他人に気づかれません。
歯の裏側に装置をつけることで食事や会話がしづらくなるとされてきましたは、現在では装置自体が小さくなっており、不便さが軽減されています。
装置が複雑で高い技術を要するため、表側のブラケット矯正よりも治療費が高額になります。

□マウスピース矯正

マウスピース矯正

透明で目立たないマウスピースを歯の動きに合わせて段階的に交換する治療法です。
食事や歯磨きのときは取り外すことができるため、ケアしやすく、虫歯や歯周病になる危険性も軽減されます。
プラスチック製なので金属アレルギーの心配もありません。
しかし、長時間つけていないと効果が期待できず、矯正期間も長くなります。また、すべての方に適応するわけではなく、歯並びの状態や生活習慣などによっては適応しないこともあります。

□インプラント矯正

インプラント矯正

通常のインプラント治療で使うインプラント(人工歯根)ではなく、矯正治療用の小さなインプラントを埋め込み、これを固定源として効率的に歯を動かす治療法です。
歯ではなくインプラントが固定源となるので、動かしたくない歯を動かさず、動かしたい歯だけ動かせます。これにより、今まで難しかった奥歯の移動や非抜歯での治療ができるようになりました。また、他の方法よりも治療期間が短縮できるので、患者さまの負担が小さくなります。
インプラントは治療終了後に取り外します。

矯正治療の流れ

STEP1

カウンセリング

患者さまの症状を拝見し、治療内容・方法、メリット・デメリット、治療期間・費用など治療全体の概要をご説明します。
この段階で治療を受けるかどうかを決める必要はないので、説明を聞いたうえで十分ご検討ください。
口の悩みやご要望など、お気軽にご相談ください。

STEP2

検査、診断

レントゲン撮影、口腔内撮影、顔写真撮影、歯の型取り、咬合(咬み合わせ)検査などを行ない、口の中の状態を把握します。

STEP3

検査結果・治療計画のご説明

患者さまのご要望を踏まえ、診断結果を元に適応する治療法などを検討し、ご提案します。治療計画を立て、実際に考えられる治療期間・費用などについてご説明します。
虫歯や歯周病などがある場合は、その治療を含めた治療計画を立てます。

STEP4

治療開始

矯正治療を開始し、矯正装置を使用して歯を動かし、歯並びや噛み合わせを少しずつ整えていきます。
定期的に通院していただき、調整と経過観察を行ないます。痛みや口の中の荒れなどが出た場合はいつでもご相談ください。

STEP5

保定・観察期間

歯並びと噛み合わせが整ったら装置を外し、保定期間に入ります。歯を動かしたばかりだと、周囲の骨がしっかりと固定されておらず、元の位置に戻ろうとします。それを防ぎ、歯が動かないように保定するため、取り外しできる保定装置を装着して経過観察します。
しっかりと保定できたら、矯正治療が完了します。
治療が完了しても、3~6ヵ月に一度ご来院いただき、定期検診をうけていただきます。整った歯並びと噛み合わせで口の健康を保てるよう、歯科医師の指示に従ってメンテナンスに努めましょう。

menu

お悩み別メニュー

  • 歯が痛む、歯がしみる│一般歯科│
  • 歯ぐきから血がでる、歯がぐらぐらする   │歯周病│
  • 歯が抜けてしまった│インプラント│
  • 健康な歯を保ちたい│予防歯科│
  • 歯を白くしたい、歯ぐきをきれいにしたい│審美歯科・ホワイトニング│
  • 歯並びが気になる│小児歯科│
  • 歯が痛む、歯がしみる│矯正歯科│
  • 親知らずの抜歯をしたい、顎が痛む│親知らず外来・口腔外科│